SmaBIサポート窓口 0120-29-8821 土日祝を除く 9:00 - 18:00
  • サイト内検索

サービス提供終了のお知らせ

SmaBIサービス(社長参謀)は、2016年12月15日をもちまして、サービスを終了致しました。
引き続き、専門家への経営相談を希望される方は、ドリームゲートの『相談・面談サービス』(http://www.dreamgate.gr.jp/kigyou_soudan_top/)をご利用下さい。

スマビサービス利用規約


第1条(スマビサービス)

 スマビサービス(以下「本サービス」とします)は、株式会社プロジェクトニッポン(以下「当社」とします)が運営する、税理士や弁護士などスマビ登録専門家への助言プラットフォームサービスです。
 本サービスの利用を希望する方は、当社が別途定める「DREAM GATEサービス」に係るユーザー規約に同意し、本サービスの登録と同時に、DREAM GATE会員として登録されたものとします。
また、本サービスの利用にあたっては、本サービス利用規約(以下「本規約」とします)その他当社が定める利用条件を遵守するものとし、利用者は本サービスの利用をもって、本規約その他当社が定める利用条件を承諾したものとみなします。

第2条(利用料金)

1.本サービスの利用にあたり、KDDIまとめてオフィス会員の方は無料にて本サービスが利用できます。

第3条(本サービス利用上の注意事項)

1. 利用者は、本サービスの利用及び本サービスを利用してなされた行為と結果について一切の責任を負うものとし、当社は、本サービスについて、その完全性、正確性、適用性、有用性等に関し、一切責任を負いません。
2. 当社は、利用者が当社システムに蓄積したデータ等が消失、改ざんされた場合は、技術的に可能な範囲でデータ等の復旧に努めるものとしますが、消失又は改ざんに伴う損害を賠償する責は負わないものとします。
3. 利用者は、本サービスを利用してなされた行為と結果に関して、第三者から問合せ、クレーム等が通知された場合及び紛争が発生した場合は、自己の責任と費用をもって解決するものとします。

第4条(助言サービスについて)

1.利用者は、本サービスが提供する助言プラットフォームを通じて、税理士や弁護士などのスマビ登録専門家に助言依頼することができます。ただし、かかるスマビ登録専門家に対する助言サービスは、専門家が独立の立場において利用者に提供するものであり、当社は提供主体ではないことを利用者は確認するものとします。また、アドバイスや情報提供の範囲を超える実務・コンサルティングをご依頼される場合は、直接、スマビ登録専門家と顧問契約をお願いします。
2.利用者は、専門家が定める助言サービスの利用条件を遵守するものとします。万一、利用者が当該利用条件に従わなかった場合、この本規約に違反したものとみなします。
3.当社は、助言サービスの利用により発生した利用者の損害(助言結果に基づき他者との間で生じたトラブルに起因する損害を含みます)に関し、一切の責任を負わないものとします。
4.本サービスの趣旨から外れたご質問や、相談内容の不適切なものはお答えしかねる場合があります。
5.相談内容の情報不足や、回答者による誤理解により、相談内容の意図と違う回答が返信される可能性があります。
6.スマビ登録専門家が「休み」の場合、相談内容に対する回答は、休み明けになります。
7.1回の相談は、利用者が相談内容を専門家に送信した時を開始とし、利用者が回答内容を承認した時を終了とします。
8.スマビ登録専門家は、以下のいずれかに一致した場合、回答を辞退することがあります。
-2 :直接、起業・独立・経営課題等と結びつかない質問であるとスマビ登録専門家が判断した場合
-3 :ご相談内容が、専門外だと判断した場合
-4 :1回の相談において、複数の質問を依頼されたとスマビ登録専門家が判断した場合
-5 :回答結果に対する承認の見込みが立たないとスマビ登録専門家が判断した場合
-6 :その他、公序良俗に反する内容であった場合
9.個人情報のスマビ登録専門家への開示
 ご登録いただいた個人情報は、名前以外は相談先のスマビ登録専門家に開示されません。
10.守秘義務:
 ご相談いただいた内容等の個人情報は厳重に保管しており、スマビ本部およびスマビ登録専門家は相談者に対する守秘義務を負っています。
11.転用:
 個人的にスマビ登録専門家からの回答を転用する場合、ドリームゲート本部までお問い合せください。
 商目的とした転用はご遠慮ください。

第5条(利用制限)

1. 当社は、利用者が以下のいずれかに該当する場合は、当該利用者の承諾を得ることなく、本サービスの利用を制限又は停止することがあります。
(1) 破産の申立があった場合、又は成年後見開始の審判、保佐開始の審判もしくは補助開始の審判を受けた場合。
(2) 長時間や繰り返しの問い合わせを行い、又は義務や理由のないことを強要し、当社の業務に著しく支障を与えた場合。 (3) 利用者が本規約に違反した場合
(4) 利用者と連絡がとれない場合
(5) 上記各号の他、当社が相当と判断した場合
2. 当社が前項の措置をとったことで、当該利用者が本サービスを使用できない場合といえども、当社はこれにより生じた損害について一切責任を負いません。

第6条(一時的な中断)

1. 当社は、以下のいずれかの事由が生じた場合には、利用者に事前に通知することなく、一時的に本サービスの全部又は一部の提供を中断することがあります。
(1) システム等の保守を定期的に又は緊急に行う場合 (2) 火災、停電等により本サービスの提供ができなくなった場合。
(3) 地震、噴火、洪水、津波等の天災により本サービスの提供ができなくなった場合。
(4) 戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議等により本サービスの提供ができなくなった場合。
(5) その他、運用上又は技術上当社がサービスの中断が必要と判断した場合。
2. 当社は、前項各号のいずれかにより本サービスの全部又は一部の提供に遅延又は中断が発生しても、これに起因する利用者の損害について一切責任を負いません。

第7条(サービス提供の終了・中断・停止)

当社は、事業運営上やむを得ない場合は、利用者に何ら通知することなく、本サービスの全部もしくは一部を変更することができるものとします。また、一定期間の通知の上で、本サービスの全部または一部を終了することができるものとします。

第8条(著作権の保護)

1.本サービスにおいて当社が利用者に提供するシステム(プログラム及び本規約を含む、以下「システム」とします)に関する著作権並びにノウハウ等の一切の知的所有権は、当社または原権利者に帰属するものとします。
2.利用者は、本システムについて以下を遵守するものとします。
(1)本サービスの利用のためにのみ使用すること
(2)本システムの変更・改変・翻訳・修正等を行わないこと
(3)営利目的の有無にかかわらず、第三者に貸与、譲渡、担保設定等しないこと。
(4)当社又は当社の指定する者が表示した著作権表示を削除又は変更しないこと。

第9条(規約の変更)

当社は利用者に通知なく本規約を変更することができるものとします。利用者は本規約変更後に本サービスを利用したことをもって、かかる規約の変更を承諾したものとみなします。

第10条(準拠法と合意管轄裁判所)

本規約の準拠法は日本法とし、利用者と当社との間で訴訟の必要が生じた紛争については、東京簡易裁判所、又は、東京地方裁判所を第一審専属的合意管轄裁判所とします。